観る・聞く

ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 11——最終回

シンガポールの怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラを詳しく紹介するシリーズも第11回。最終回です。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 10——仏陀、魚男、白熊、そして三蔵法師

シンガポールの怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラのフィギュアの紹介のつづきは、とうとう第10回目に突入。魚男、白熊、猪八戒、三蔵法師などが登場する。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 9——絵巻物としてのジオラマ

シンガポールの怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラのフィギュアを詳しく紹介するシリーズの9回目。絵巻物みたいなジオラマをとおして、古い説話やいかにも通俗的な道徳観が描かれる。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 8——カニ少女と人魚たち

シンガポールの怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラのフィギュアを詳しく見てゆくシリーズの8回目。カニになった少女や人魚たちについて。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 7——大きな顔

シンガポールの怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラを紹介する話のその7。いったん最頂部にして最奥部まで登ってみることにした。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 6——おっぱいを吸う老婆

シンガポールの面妖な仏教テーマパーク、ハウパーヴィラのフィギュア展示を詳しく見てゆくシリーズのその6。今回は十大地獄をでたところにある展示について。若い娘のおっぱいを吸う老婆など。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 5——忘却の館と輪廻転生

シンガポールにある怪しい仏教テーマパーク、ハウパーヴィラの話のその5。十大地獄の展示のつづき。責め苦につぐ責め苦のはてに最後の審判がある。そして死者たちはふしぎな老婆のいる館へつれてゆかれる。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 4——門をくぐって十大地獄へ

2年2か月ぶりに、ハウパーヴィラの話のつづきを再開しよう。ハウパーヴィラは、シンガポールにある奇怪な仏教テーマパークである。今回は、十大地獄の門、内部のジオラマ展示で地獄の責め苦が描かれるさまをとりあげる。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 3——虎と地獄への前哨

蓮池の一段下(エントランスの段のすぐ上)に、今様にいう「ゆるキャラ」がいた。タイガーバームを宣伝する虎娘と少年ふたりである。「タイガーバーム子ちゃん」と「タイガーバーム太郎・次郎」という感じか。薮のなかでちょっと傷みもあってうす汚れ、やや忘れられかけているような印象である。手にしたタイガーバームがけなげでさえある。
ハウパーヴィラ 2016/01

ハウパーヴィラを見にゆく 2——フィギュアとジオラマの楽園

園内の地図をみる。南に向いた斜面に、ひな壇状になっており、ざっくりいって5段ある。エントランスはいちばん下。そこから一段ずつあがってゆく。道の脇にえんえんと、フィギュアとジオラマがならぶ。ジオラマは150、フィギュアは1000体にもおよぶという。
スポンサーリンク