海外の散歩旅

海外の散歩旅の日誌を集めました。

なお、これまでの旅の日誌のうち、とくに2006年から2016年ごろのものの一部は、メインブログ「散歩の思考」のなかの「散歩旅にでる」一覧 からもごらんいただけます。あわせてお読みいただければさいわいです。

ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

フェアバンクス出発 ―― 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 6

世界でもっとも過酷な道のひとつ、ダルトン・ハイウェイを走破する旅その6。長い準備篇を終え、フェアバンクスでの給油と買い出しもすんだ。いよいよ出発だ。 フェアバンクスを出発 さて、そんなわけで、フェアバンクスを出発したの......
ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

出発前の最後の準備 —— 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 5

世界でもっとも過酷な道のひとつ、ダルトン・ハイウェイを走破する旅その5。借りたのはフルサイズSUV、GMCユーコンXLだ。ひとりではもてあまし気味のこのクルマを駆って、北極圏をめざすわけだが、そのための準備がまだ残っていた。 ......
ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

GMCユーコンXL —— 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 4

世界でもっとも過酷な道のひとつ、ダルトン・ハイウェイを走破する旅その4。 借りたのはGMCユーコンXL。フルサイズSUVだった。
ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

自走以外の手段の検討 ―― 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 3

世界でもっとも過酷な道のひとつ、ダルトン・ハイウェイを走破する旅その3。一般的な大手のレンタカー会社はダルトン・ハイウェイの走行を認めていない。だからといって、ミシガンから陸走してゆくのも現実的ではない。では、どうすればいい?
ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

レンタカーを探す ―― 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 2

アラスカのダルトン・ハイウェイを北極海のほとりめざして走る旅その2。ダルトン・ハイウェイの走破にあたって、厳しい条件はいろいろあれど、ある意味もっとも過酷な問題は、一般的な大手のレンタカー会社がダルトン・ハイウェイの走行を認めていないらしい、ということだった。そこで各社の制限事項を読んでみた。
ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)2017/07

北極海まで走れ ―― 爆走アラスカ・ダルトン・ハイウェイ1000マイル 1

ダルトン・ハイウェイ(アラスカ)のパノラマ。クリックで拡大します 北極海をめざして フェアバンクスの街は大地にひらたく張りついていた。高層の建物はほとんど見あたらず、平屋の建物が、まるで州花ワスレナグサの群落のように、ひととこ......
リトアニア 2018/10

帰国便欠航とその顛末——晩秋のリトアニア駆け足旅 19 最終回

晩秋のリトアニア駆け足旅その19、最終回。ヴィリニュス空港についたはいいが、予定していた帰国便が欠航だという。しかもそれを知ったとき、ぼくはすでに保安検査場を抜けて制限区域にいた。どうすればいい?
リトアニア 2018/10

カウナスからヴィリニュス空港行きバスに乗る——晩秋のリトアニア駆け足旅 18

晩秋のリトアニア駆け足旅その18。カウナスでの滞在を終えて、帰国の途につく。まずはカウナスからヴィリニュス空港へ直行するバスだ。バスを予約したのはいいが、指定された乗り場は街はずれのコンビニ前だった。
リトアニア 2018/10

カウナスごはん——晩秋のリトアニア駆け足旅 17

晩秋のリトアニア駆け足旅その17。カウナスでの食事について。
リトアニア 2018/10

石畳、建物、スーパーマーケット——晩秋のリトアニア駆け足旅 16

晩秋のリトアニア駆け足旅その16。カウナス市内をうろうろした話のつづき。看板建築、石畳のダウンタウン、シェアバイク、Linas-Medis、そしてレセプションで聞いたリトアニアの伝統音楽など。
スポンサーリンク