礼文島 2014/09

礼文島の岬と山を歩く 4──礼文岳

シュラフのなかで、ふと陽の光を感じた。陽の光? 飛び起きた。晴れている。どういうことだ?  予報を見る。やはり礼文は雨、午前中は風が強く吹くということになっている。目の前の現実はまったく異なっている。風もなく穏やかな晴れ。礼文岳に登りにいこう。
礼文島 2014/09

礼文島の岬と山を歩く 3──四時間コース 後編

ざわざわとした波の音を聞きながら、淡々と歩く。やがて鉄府の集落にはいった。ここには人が住んでいる。一軒の家では煙突から煙が上がっていた。猫が四匹ほど身を寄せ合うようにしていた。雨があがってきた。陽も差してきた。
礼文島 2014/09

礼文島の岬と山を歩く 2──四時間コース 前編

雨は、朝には収まり、晴れ間も見えた。朝食をとっていると、昨夜Xライトのテントで泊まっていたひとが、ザックにスパッツといういでたちで出かけようとしているのを発見した。それを見て決心した。せっかく礼文に来たのだから、四時間コースだけは歩こう。
礼文島 2014/09

礼文島の岬と山を歩く 1──利尻島から礼文島へ

朝まで暴風雨だったのに、1000すぎに突然晴れた。居心地のよかった沓形キャンプ場を離れるのは名残惜しかったが、利尻を出て礼文島に渡ることにした。沓形港は、キャンプ場のすぐ裏にあった。乗船手続きをして待機場所へディフェンダーを移動させると、誘導係のおじさんがやってきた。
利尻島一周 2014/09

ママチャリ利尻一周 3

オタトマリ沼を出発して少しゆくと、南浜湿原があった。ここはオーストラリア人チャリだーEさんお勧めの場所。誰もおらず、静かだった。天気がよければ、正面に利尻山が見えるのだろう。木道の上には動物の糞がたくさん落ちていた。
利尻島一周 2014/09

ママチャリ利尻一周 2

ペシ岬展望台入口と書かれた看板の下にママチャリを停めた。ペシ岬は、鴛泊港の脇にある伏せた牛の背中のような恰好をした、こんもりした小山状の岬である。これも火山性の地形なのだという。一段のぼったところにはベンチがあり、小公園のようになっていた。
利尻島一周 2014/09

ママチャリ利尻一周 1

利尻登山の翌日、自転車で利尻島を一周することになった。予定にはまったくなかったことだった。キャンプ場に長期滞在中のみなさんから勧められたのだ。でも、自転車はどうすればいいだろう? すると、キャンプ場のチャリを借りていけばいいですよ、とみなが言う。
利尻山 2014/09

利尻山に登る 4

下山を開始した。まだ時間も早いので、下山はゆっくりと歩く。ところどころで立ち止まり、写真を撮る。下から続々と登山者が上がってくる。「あんた、けっきょくここから登ったのか!」。登ってくる登山者のひとりから、突然話しかけられた。
利尻山 2014/09

利尻山に登る 3

九合目から先、傾斜はさらにきつくなり、足場はいっそう悪い。石のごろごろしているところを抜けると、こんどは細かい軽石だらけとなる。足を地面においても安定せず、そのままずりずりと軽石ごと流れてしまうのだ。足の痛みがあり、攣りそうになる。
利尻山 2014/09

利尻山に登る 2

0240ヘッドランプをつけて出発。前日、キャンプ場の管理人さんから、こう言われていた。休憩を含めて往復には11時間を見ておくように、そして遅くとも0430までには歩きはじめるように、と。その時間なら、島の宿から送迎されてくる登山客よりも先行できるのだそうだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました