マルセイバターサンドと晩成社——初積雪の十勝を走る 8

初積雪となった十勝をレンタカーで走る。帯広を出発したのち、十勝川河口、晩成温泉をへて、帯広空港まで戻ってきた。レンタカーを返却し、あとは復路便で帰るだけ、とおもっていたのだが……。

帯広空港へ向かう雪道——初積雪の十勝を走る 7
初積雪の十勝をレンタカーで走る旅その7。晩成温泉を出発して帯広空港まで走った。あたりは一面の雪野原。雪はますます烈しくなった。
スポンサーリンク

帯広空港ターミナル

トヨタレンタリースの女性係員が運転するバンで空港ターミナルへ戻ってきた。といってもレンタカー・ステーションはすぐ隣だから、5分もかからない。

出発便の案内ディスプレイを確認する。雪の影響を少し懸念していたが、とくに変わった情報はでていなかった。

問題なく飛んでくれそうなのかな、と、そのときはおもった。じっさい、JALのカウンターにいた職員も、こちらに向かってにこやかにお辞儀するばかりで、とくに何も言わなかった。

サクサクパイとマルセイバターサンドを買う

そこで、そのまま二階の出発ロビーへあがった。奥にあるお土産物屋コーナーのなかにある六花亭の支店に立ち寄った。買ったのは、帯広でしか入手できないというサクサクパイと、ぼくの大好物のひとつで北海道へ来たら必ず買うマルセイバターサンドである。

サクサクパイは、賞味時間3時間だと念を押された。羽田についてそのまま帰宅すれば大丈夫だろうと考えて購入した。ほどなく、見通しが甘かったことを思い知らされるのだが、それについては後述する。

「マルセイ」の由来とは?

ところで、マルセイバターサンドについては、意外な由来がある。先ほどまでいた晩成温泉と関係があるのだ。その鍵は、包装紙のデザインにある。下の写真を見てほしい。

丸印に「成」の字。そのマークが示しているとおり、「マルセイ」とは、明治期に十勝に入植して開拓事業にあたった依田勉三率いる「晩成社」が、初期に製造したバター「マルセイバタ」に由来するものだからだ。

十勝の開拓者「晩成社」

晩成温泉は大樹町晩成に立地するが、その「晩成」という地名も晩成社からとられたものである。晩成社のあった場所は、現在の晩成温泉からそれほど離れていない。ぼくは2013年の夏、その晩成社の跡地を見にいったことがある。そのときの写真を紹介したい。

晩成社の跡地への入口(2013年6月撮影)

場所は下の地図を参照してほしい。

晩成社の跡地は、道道から未舗装路を少し入った林のなかにあった。来訪者もあまり来ないような、静かな場所だった。ちいさな駐車場があり、サイロ跡や井戸跡、墓などとともに、ささやかな顕彰碑がたっていた。

晩成社跡地の駐車場(2013年6月撮影)
墓石(?)が3基ならぶ。写真中央が「祭牛の霊碑」、同右が佐藤米吉の墓、左は不明(2013年6月撮影)
室(むろ)の跡。室とは食料などの貯蔵庫のことだ(2013年6月撮影)

林を奥へ歩いてゆくと、依田勉三の当時の家が復元されていた。

復元された、依田勉三の家(2013年6月撮影)

依田の家はじつに質素、というか、率直に表現すれば、小屋とよんだほうがふさわしいような建物であった。厳冬期には零下20℃以下にまでさがる十勝の酷寒にどのようにして耐えたのか、ぼくには想像がつかない。

依田勉三の家を正面から。建坪は6坪で、中央に土間、右手に4畳、左手に風呂場と物置がある(2013年6月撮影)

依田ら晩成社がこの地に入植したのは1886(明治19)年。現地の説明板によれば、開墾は困難をきわめ、バター製造をはじめさまざまな事業を手がけたが、どれも成功しなかったという。依田はここに1915(大正4)年春まで住み、その後帯広にうつって1925(大正14)年に亡くなった。

依田が帯広に去ったあとの時期の晩成社のようすを示した地図(2013年6月撮影)

晩成社については、関連書籍も出版されているし、たとえばつぎのサイトなどにも詳しい。

晩成社 | 北海道観光公式サイト GoodDay北海道
晩成社のご紹介。北海道を楽しむためのグルメやイベントなどおすすめの情報が満載な観光オフィシャルサイトです。ぜひ観光・旅行にお役立てください。

味覚が喚起する土地の記憶

芳名帳と、なぜか俳句の投稿をよびかける札(2013年6月撮影)

いっぽうで、つぎのようなことも考えあわせてよいとおもう。

明治期の北海道開拓事業を「開拓」と、いわば発展史観的にとらえるのは内地人の視点である。元から北海道に住んでいたアイヌのひとびとから見れば、それは土地の略奪と破壊の歴史であろう。北米における白人とネイティヴ・アメリカンの関係にも似ている。

歴史的にものごとを見るとは、ある特定の視点を安易に特権化・絶対化してしまうのではなく、多面的にとらえることだ。その意味で、歴史を語り、歴史を聞くという行為には、つねに割り切れなさと居心地の悪さとが、拭いがたく染みついている。

マルセイバターサンドが晩成社の「マルセイバタ」にちなんでいるのは、名称とパッケージのデザインだけらしい。それでも、マルセイバターサンドの素朴で濃厚な味はぼくたちに、十勝をめぐる先人たちの記憶を、味覚をとおして喚起しようとはたらきかけている。

その9へつづく。

飛行機が来ない――初積雪の十勝を走る 9
初積雪の十勝をレンタカーで走る旅その9。帯広空港で保安検査場を抜けて制限区域に入ったはいいが、雪のため到着便は着陸可能かどうか天候調査中だという。羽田に引き返すと決まれば搭乗予定の便は欠航になる。といって、ぼくたちにできることといえば、とりあえず着陸してくれるのを待つだけだ。
十勝 2018/12
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽのしっぽ

長谷川 一 明治学院大学 文学部 教授。博士(学際情報学)。専門はメディア論、メディア思想、文化社会学。散歩旅を愛好。メインブログ「散歩の思考」。

FOLLOW
FOLLOW
さんぽのしっぽ
タイトルとURLをコピーしました