開聞うろうろ 4 ──青葉となづな

スポンサーリンク

指宿駅前の「青葉」

この日は指宿で泊まることにした。

指宿駅前の「青葉」という店にいってみた。よく知られた郷土料理の店ということで、混むらしい。さいわいちょうど待機客の姿がなくなったところだった。「ひとりなのですが」とダメモトで訊いてみると、すぐに入れてくれた。

きびなごと前田利右衛門

お刺身盛り合わせときびなご塩焼きを頼んだ。お刺身は、鯛、蛸、きびなご。

きびなごは生に塩をしたのが出てくるので、それをコンロで炙る。

焼酎前田利右衛門が水割りに向いているというので頼むと、グラスに一杯の焼酎、氷と水が出てきた。薄めにつくると5杯は飲めたか。芋の匂いはするが、おいしかった。とくにきびなごとよくあった。

あとから来た客が満席ですと断られていた。こちらは四人席をひとりで占領しているので、申しわけない。早めに店を出た。お店のひとは「うちはカウンターがないから気にしないで」と親切にいってくれたのだけど。

居酒屋「なづな」

二軒目に入ったのは、歩いていて見つけた居酒屋「なづな」。なんとなく気に入ったので入ってみることにした。こちらはぐっと庶民派だ。地元民でにぎわっており、テレビでボクシング中継を流していた。カウンターもあるので気が楽だ。

かつおたたきと鶏のたたきユッケふう

かつおたたきを頼んでみた。玉ねぎをのっけるのが鹿児島流らしい。

鶏も鹿児島の名産。新鮮なので刺身やたたきでもいけるのだそうだ。写真は鶏のたたきユッケふうというもの。黄身が載っていてかき混ぜて食べる。

この店は家族でやっているのだろうか、お店のひとは、ちょうど父、母、娘というような年齢構成のようにも見えた。お嬢さんは笑顔を絶やさず落ち着いて対応をしていた。若いのに立派なものである。

店を出た。街中というのに明かりは少ない。一面の星空だ。その下を歩いて帰った。

おしまい

開聞 2015/09
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽのしっぽ

長谷川 一 明治学院大学 文学部 教授。博士(学際情報学)。専門はメディア論、メディア思想、文化社会学。散歩旅を愛好。メインブログ「散歩の思考」。

FOLLOW
FOLLOW
さんぽのしっぽ
タイトルとURLをコピーしました