復路は県道206を歩いて —— 石垣島平久保半島東海岸を歩く 13

石垣島の最北端である平久保崎をめざす徒歩旅その13。東海岸ぞいを歩き、5時間かけて平久保崎へ到達した。復路は県道206を歩いて帰る。

平久保崎からの眺め —— 石垣島平久保半島東海岸を歩く 12
石垣島の最北端である平久保崎をめざす徒歩旅その12。東海岸ぞいを歩いて平久保崎に到達した。駐車場の脇の道から少しあがると燈台があった。
スポンサーリンク

県道ぞいの風景

県道206を歩いて戻る。往路に比べると、書きとめておくことはあまり多くない。沿道に民家はほとんどない。少し奥まっているためか、海もあまり見えない。道の両側には、農地がひろがっている。

歩道は片側だけにあった。だが、しばらくゆくと消滅した。歩くひとはほとんどいないだろうから、まあやむをえまい。

それでも、黙々と歩いているうちに、やがて海沿いにでた。

ぼくが写真を撮っている背後を、クルマが通り過ぎてゆく。こちらに視線をやっているようだが、停まる気配はない。せっかくの風景、ゆっくり見てゆけばいいのに。

平久保の集落を抜けて

40分ほど歩くと、平久保の集落に達した。小学校の校庭のたたずまいがすばらしい。生徒と先生たちが、鉢植えに水を撒いていた。

平久保のバス停である。時刻表を見る。これを見ると、バスは一日に4本くらい、だろうか。

平久保の集落をすぎて坂道をのぼってゆくと、ケータイの通信塔を建設中だった。これはKDDIのものらしい。

平久保崎から遠く離れて

うしろから観光タクシーがやってきて、右手に折れて停まった。じつは、ぼくもそこへ行ってみるつもりだった。地図に「平久保ビーチ」と書いてあったからだ。

草むらを抜けていってみると、ちいさな砂浜があった。タクシーの乗客は年配の家族づれ。女性ドライバーが観光ガイドも兼ねているみたいだった。

その先も、淡々と歩く。舗装路だからストックはもうつかわなくていい。午前中は砂浜で足をとられながら歩いていたが、午後は固い舗装路なので膝にくる。当初は往復とも県道を歩くつもりだったのだけれど、それだとさすがにしんどかっただろう。肉体的にも精神的にも。

路肩の側溝に落ち葉が積もり、植物がはえていた。県道は、基本的にはクルマのための道であり、ひとが歩くことはほとんど想定されていない。

ふりかえってみると、平久保崎がはるか遠くに離れて見えた。ずいぶん歩いてきたものだ。

峠を越えて、明石へ

空は薄い雲に覆われているが、ときどき晴れ間がでる。午後4時をまわり、日はだいぶ西に傾いてきた。

最後の峠を越える。少しくだってゆくと、視界がひらけた。

太平洋とトムル岳に挟まれて、ちいさな明石の集落が見えた。帰ってきた。

その14へつづく。

明石へ帰着 —— 石垣島平久保半島東海岸を歩く 14
石垣島の最北端である平久保崎をめざす徒歩旅その14。平久保崎からの復路は県道を歩き、いよいよ明石へ戻ってきた。
石垣島 2019/01
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さんぽのしっぽ

長谷川 一 明治学院大学 文学部 教授。博士(学際情報学)。専門はメディア論、メディア思想、文化社会学。散歩旅を愛好。メインブログ「散歩の思考」。

FOLLOW
FOLLOW
さんぽのしっぽ
タイトルとURLをコピーしました