アラスカで車中泊 4

アラスカ車中泊事情のその4。前回その3はこちら。

アラスカで車中泊 3
アラスカ車中泊事情のその3。前回その2はこちら。フェアバンクスで車中泊するために、市街の北のはずれにあるウォルマートへやってきた。広大な駐車場の端、店舗からいちばん遠いあたりには、キャンピングカーが集結していた。その数ざっ......

フェアバンクス市内のウォルマートへ話を戻そう。

キャンピングカーが多数駐車していたのは、広大なパーキングのなかでももっとも店舗から遠いあたりだった。一般客への配慮、ということなのだろうとおもわれた。


ぼくのユーコンXLも無駄にでっかいクルマではあったが、キャンピングカーにくらべれば、まだ未成年といっていいくらいのサイズであり、通常の駐車スロットに問題なく停めることができる。

店舗にはまずまず近く、しかし店舗入口からは離れており、かつ植え込みの隣、というスロットを見つけ、そこへ駐車した。ここを一晩の宿とさせてもらう。

ウォルマートで買ってきたもので、晩ごはん

ウォルマートで買い物をする。といっても、家族づれや老夫婦といったケースの多いキャンピングカーとは異なり、ぼくは単独行。むしろ買い置きを消費するモードなので、買う物はそんなに多くない。セルフレジで会計したが、機械が不調で、けっきょくセルフレジ担当者のブースで会計してもらった。

ビールやアルコール類は隣接する別区画の店で買う。冷蔵室に入ってみると、バラ売りのビールはいくらも種類がなかったのだが、サッポロ黒ラベルの缶があったので、それを買う。缶の形は日本のそれとはちがうし、容量も違う。そもそも北米生産で、味も日本のものとは少し違う気がする。

フェアバンクスのウォルマート駐車場で見かけた旅のクルマたち、その4。フルサイズのキャンピング・トレイラーを、手前のピックアップが牽引するスタイル。フルサイズ・トレイラーは駐車スロット4-5台ぶんも占拠している

ユーコンXLにもどり車内で晩ごはん。持参したSOTOのマイクロレギュレーターストーブでお湯を沸かした。これはミシガンのアナーバー市内にあるREIというアウトドア用品のチェーン店で入手したもの。ガスボンベは飛行機に持ち込めないため、アラスカに来てからやはりREIで買った。

フェアバンクスのウォルマート駐車場で見かけた旅のクルマたち、その5。こちらはバスを改造した、バスコンといわれるタイプのキャンピングカー

ユーコンXLの車内は広大である。サードシートと、セカンドシートの半分をたたみ、そこにシュラフを敷けば、十分な就寝スペースとなる。

食糧などの補給が手軽にでき、ゴミを捨てることができ、トイレを借りることができる。広い駐車スペースがあり、夜間も照明が点き、セキュリティの巡回もあって、いちおうの安全が期待できる。そうした諸点において、車中泊地としてのウォルマートはひじょうにありがたかった。

フェアバンクスのウォルマート駐車場で見かけた旅のクルマたち、その6。メルセデスのVクラス(たぶん)を改造したキャンピングカー。このひとはBBQグリルを外へもちだして調理中のようだが、真似しないほうがいいとおもう

ぼくはその後、ミシガンへ戻ってから出かけた州内北部への小旅行でも、何度かウォルマートで車中泊した。問題はなかったものの、いずれの機会においてもほかに車中泊車がおらず、少し心細い思いをした。

その5へつづく。

アラスカで車中泊 5
アラスカ車中泊事情のその5。前回その4はこちら。ダルトン・ハイウェイやフェアバンクスだけでなく、デナリでも車中泊をした。そのときのことも書いておこう。アラスカ州道3号(AK-3)の展望台からデナリ方面をのぞむ......
タイトルとURLをコピーしました